スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

농림부 주최"찾아가는 양조장"제1회 第一回「訪ね行く蔵元」山葡萄ワイナリー/取材リポート

<第一回「訪ね行く蔵元」山葡萄ワイナリー>京畿道 坡州市

去る、2014年9月24日 水曜日
韓国 農水省主催のパームツアー、第一回「訪ね行く蔵元」にて、
京畿道 坡州市にある"山葡萄農園"と言うワイナリーに行って来ました。

かなりの盛り沢山な内容で、山ぶどう狩りから始まり、ワインボトル詰め体験、ワイナリーツアー、山葡萄ジャム・山葡萄ワイン作り体験、そして最後にお待ちかねの試飲会へと続くのでありました。
(試飲会の写真は、試飲に夢中で撮影不能でした!悪しからず!)

201410141338468c5.jpg 20141014133847b5e.jpg

午前8:00 坡州へ向けて出発~! (ピンクの観光バスがとても可愛い!)o(^▽^)o

201410141336005e2.jpg 2014101413355751b.jpg 20141014133601306.jpg

山葡萄農園に到着。
そこには....<「訪ね行く蔵元」"坡州 山葡萄農園" 第2期SNS記者団 歓迎>と書いてある大弾幕のお迎えが....!
この日は、このツアーの初回と言うことで、テレビ局の取材も入りました。

20141014133404a06.jpg 201410141334081c0.jpg 20141014133719ef6.jpg

さっそく、社長直々の説明を伺い、山ぶどう狩りに!
山葡萄は、ぶどうの2.5倍のポリフェノールを含有し、アントシアニンは、なんと5倍もあるとのことで、がんばってたくさん取りました。

2014101413325152c.jpg

201410141332513df.jpg

201410141332537da.jpg

20141014133255764.jpg

20141014133255129.jpg

完成山葡萄ワイン

ジャム体験の準備が整うまで、私たち一行は、ワインのボトル詰め体験に。
ラベル用の写真撮影をして、オリジナルワインボトルの完成~!

20141014132954eb1.jpg

201410141329597d9.jpg

201410141330004a3.jpg

2014101413295903f.jpg

続いては、ワイン貯蔵庫へ。
年間、14~15度を維持しているので、冷んやり~!
個人契約用貯蔵庫には、韓国の伝統的な錠前がかかっていました。

20141014133001666.jpg

20141014132705eea.jpg

20141014132706d94.jpg

20141014132709089.jpg

準備ができたと言うことで、ジャム作り体験へ。
山葡萄を潰したものを火にかけ、砂糖・蜂蜜のみを加え煮込んでいきます。
とろりとしてきたところで日を止め、熱いうちに瓶詰め。
できたてのジャムは、ほどよい甘酸っぱさがあり、濃厚な味わい。
もちろんパンにつけても美味しいのですが、食の研究家としては、このジャムに、ブランディーなどを入れ、バターで仕上げたソースを鴨のソティーや、チキンのグリルなどに合わせたら最高のフレンチになると思った私でした。

2014101413271189e.jpg

201410141327111b8.jpg

20141014132536d35.jpg

201410141325385fe.jpg

201410141325420b3.jpg

20141014132546925.jpg

ワインを作る前に、ランチタイム。
可愛い子猫のお出迎えもあり、楽しい食事へ!
メニューは、ビビンパブ。
その他にも、山葡萄そうめんや、山葡萄ジャムサンドもありました。

20141014132542fa8.jpg

2014101413242759a.jpg

20141014132429247.jpg

20141014132430e68.jpg

20141014132432e89.jpg

201410141324314dd.jpg

20141014132211658.jpg

食事の後は、お待ちかねの山葡萄ワイン作り。
無農薬で育てた山葡萄は、洗わず使用。
房からぶどうを外し、イーストを加えてモミモミ、砂糖を加えてまたモミモミ。
しっかり果汁が出たところで、容器に移し替えて出来上がり!

20141014132215cb8.jpg 20141014132212a0c.jpg

完成したものは、2~3日目ごろからガスが発生するので、1日に2~3回混ぜて約1ヶ月ぐらいから飲めるとのことでした。
できたてを味見したら、山葡萄の柔らかい酸味が、口の中に広がり濃厚なぶどうジュースという感じでした。

このブログは、作ってから約一ヶ月後に書いているので、そろそろ飲める頃ですが、私は、もう少し経ってから飲もうと思っています。
しかし、気になる私は、時々、味見をしておりまして.....(^^;;
なんだか結構、本格的なワインの味がしているのですよ~~~~!
実は、ワイン作りは、カナダに住んでいた頃に一度やったことがあるのですが、その時よりも良く出来ているかもしれません!

20141014132208f0d.jpg

20141014131954144.jpg 20141014131950e36.jpg 20141014131953b8e.jpg

最後に、このワイナリーで作られているワイン・山葡萄ブランディー・山葡萄ジュースを試飲させて頂きました。
ワインは、2種類。ドライとスウィートです。

スウィートの方は、子供の頃、ワインを見て美味しそうだと思いませんでしたか?
そして飲んだワインが、甘くなくてびっくり!そんな経験のある方も多いのでは?
このスウィートワインは、幼い頃に美味しそうだと想像した、その味です!
お酒好きの私は、食前酒にするといいな~と思いました。
お酒があまり強くない方には、このワインがオススメです。

ドライワインの方は、甘みが少なく、程よい酸味で、
料理の味を邪魔しないスッキリタイプ!
通常、白ワインと合わせる魚料理でもOK!
むしろ、あっさりとしたお刺身や、天ぷらなどにも合うかもしれませんね。

次回は、京畿道 抱川市 山査園で、菊酒作りに挑戦です。
乞うご期待!

<各種体験料金> (要予約)
・山葡萄狩り体験 8,000ウォン(カップ一杯/お一人)
・山葡萄ワイン作り体験 20,000ウォン
・山葡萄ジャム作り体験 5,000ウォン
・ワイナリー見学ツアー 8,000ウォン

<お問い合わせ(韓国語のみ)>

山葡萄農園
京畿道坡州市積城面客峴里1里67ー1番地
031-958-4558

산머루농원
경기도 파주시 적성면 객현1리67-1본지
031-958-4558


スポンサーサイト

ついに念願の蔵元取材紀行 始動~~!!

<韓国 農水省主催:「"訪ね行く蔵元"SNS記者団」発足式へ参加!>

✳︎한국어는 나중에 쓸 예정이므로 잠시만 기다려 주시기 바랍니다

皆様、大変ご無沙汰いたしました。お元気でしたか?^ ^
しばらくの間、研究と仕事に翻弄され、ブログまで手が回らなかったのですが、
今回の「訪ね行く蔵元紀行」を機に再始動させて頂く事となりました。
勿論、マッコリあり、韓国伝統酒(焼酎・薬酒)あり、その上、ワインまで、
韓国全土10カ所にも及ぶ蔵元紀行をお楽しみ下さい。

......それは、まだまだ暑さ真っ盛りの9月へ、さかのぼります。

2014年 9月1日 月曜日
第2期 「訪ね行く蔵元」紀行団 発足式。
(主催:韓国 農水省/韓国農水産食品流通公社)

この日集まったのは、韓国トップクラスのパワーブロガーのお歴々。
そして外国人枠として、アメリカ人2名と日本人2名、総勢約50名が参加いたしました。

オープニング 自己紹介風景
さすが、パワーブロガーの皆様!持っているカメラが違う.....
i-padで撮影している私とはレベルが....ちょっと、いや、かなり恥ずかしい...(^^;;

今回の蔵元紀行は、全10回。
韓国全域を約2ヶ月で、制覇すると言う強行軍です。

第一回目は、京畿道の パジュにある、山葡萄を使ったワインで有名な「山葡萄農園」に行きます。
カナダでは、一度ワインを作ったことがあるのですが、山葡萄で作るワインは初体験!

お楽しみに☆〜(ゝ。∂)

ワークショップ終了後は、お待ちかねの.....っと言うより、お決まりの2次会、3次会へと突入~~~!!!
お酒はもちろん、マッコリ!
가평 잣막걸리고양 배다리막걸리부산 금정산성막걸리경북 오미자막걸리맥주

<2次会のお酒>
①加平 松の実マッコリ
②高陽 ペダリマッコリ
③釜山 金井山城マッコリ
④京畿道北部 五味子マッコリ

<3次会のお酒>
⑤CASSビール
3次会は、韓国では、飲み会の定番、"チメック"(チキンとメクチュ)*メクチュ=ビール

잣마걸리와 모듬전조개탕골뱅이무침치킨&소시지경북 오미자막걸리2

<2次会、3次会のお料理>
①ジョンの盛り合わせ(모듬전:20,000ウォン)
②あさり蒸し(조개탕:サービス^ ^)
③つぶ貝の酢コチュジャン和え、そうめん添え(골뱅이무침:17,000ウォン)
④フライドチキンとソーセージの盛り合わせ(酔っていて不明....(¬_¬)

次回とはいっても、既に3回目まで終了の後追いブログです。
っと言うことで、行ってしまった3カ所を立て続けにアップいたします。
乞うご期待!\(^o^)/

🎀TV출연 데뷔작! Part4. 최종회! TV出演デビュー作!Part4.最終回!

<양조장 방문기 시리즈 제1탄Part4.최종회!>
송명섭 명인 생막걸리 태인주조장


<マッコリ蔵元訪問記シリーズ 第1弾 Part4.最終回!>
ソン ミョンソプ名人 マッコリ泰仁酒造場


とうとう、ソン ミョンソプ名人蔵元訪問記最終回となりました。
最終回は、ソン ミョンソプ名人生マッコリに合うお料理特集!
名人が作って下さったお料理2品と蔵元で働いていらっしゃる
おば様にご教授頂きながら一緒に作ったお料理1品をご紹介したいと思います。

1.ツルニンジン(トドク)の辛味噌焼き。
2.豚バラ肉(サムギョプサル)の竹筒焼き。
3.豚バラ肉(サムギョプサル)の蓮の葉包み焼き。

드디어 송명섭 명인 주조장 방문기 최종회입니다.
최종회는 송명섭 명인 생 막걸리에 맞는 요리 특집~!
명인께서 만들어 주신 요리 2품과 주조장에서 일하고
계신 아주머니께서 가르쳐 주시면서 함께 만든 요리 1품을 소개해 드립니다.

1.더덕구이
2.삼겹살의 대통구이
3.삼겹살의 연잎구이

1.ツルニンジンの辛味噌焼き/ 더덕구이

201312270917139d3.jpg

では、初めに おば様直伝の"ツルニンジンの辛味噌焼き"のご紹介です。

그럼 처음에 아주머니의 "더덕 구이"소개합니다.

20131227091852398.jpg

材料:
ツルニンジン(生), コチュジャン, 白ネギ(みじん切り),
ニンニク(みじん切り), 白ごま, 一味唐辛子,
ごま油, しょうゆ, ハチミツ。

재료:
생더덕, 고추장, 다진 대파,
다진 마늘, 깨, 고춧가루,
참기름, 간장, 꿀.

①まず、ツルニンジンの準備から始めます。

日本では、あまり食卓に上がらない食材ですが、
韓国では 健康食品としてよく食べられるものです。
(少し高価なものですが....)
そして、この地方(全北地方)の特産品の一つです。

ツルニンジンは、爪でバリバリ皮を剥がしてください。
思ったより簡単に剥けるんです。
その後棒や瓶で軽く叩いてから 縦に3~4mmの厚さに切ってください。

우선 더덕의 준비부터 시작합니다.
일본에서는 별로 식탁에 오르지 않은 식재료지만
한국에서는 건강 식품으로 잘 먹는 것입니다.
(조금 비싼 식재료지만....)
그리고 이 지방(전북 지방)의 특산품 중 하나입니다.
더덕은 손톱으로 껍질을 벗겨주세요.
생각보다 쉽게 벗겨져요.
그 후 밀대나 병으로 두드리고 세로로 3~4mm두께로 잘라 주세요.

20131227091854433.jpg

②次に、辛味噌ですが、上の材料のツルニンジン以外を全て混ぜ合わせるだけです。
量は、お好みに合わせてなのですが、少し甘辛い方が美味しいと思います。

다음은 양념입니다만 위 재료의 더덕 이외를 모두 섞을 뿐입니다.
양은 기호에 맞춰서 만드시면 좋긴한데 약간 달콤하고 맵게 만드시면 맛있다고 생각합니다.

20131227091855d9c.jpg

③出来上がった辛味噌を ツルニンジンに 塗る。

완성된 양념을 더덕에 바른다.

201312270918593bc.jpg 20140118164440d49.jpg


④ ③のツルニンジンを 焼き網に並べて 中火で約10程焼く。

③의 더덕을 석쇠에 놓고 중불로 약10분 정도 굽는다.

2013122709212998d.jpg

「ツルニンジンの辛味噌焼き」完成~!\(^o^)/

"더덕구이" 완성~!\(^o^)/

1&2. 豚バラ肉の竹筒焼き/ 蓮の葉包み焼き
삼겹살의 대통구이/ 연잎구이


材料:
豚バラ肉ブロック, 乾燥菊, 岩塩, 竹筒, 蓮の葉。
(乾燥菊は、韓方薬剤です。)

재료:
통삼겹살, 말린 국화, 굵은소금, 대통, 연잎.

①(①は、両メニュー共通)
豚バラ肉ブロックに 岩塩と 乾燥菊を 擦り込む様に付ける。

①(①은 양메뉴 공통)
통삼겹살은 굵은소금과 말린 국화를 문질러서 바르고 붙인다.
20140118234847ce1.jpg 20140117185410771.jpg

②(竹筒焼き)
竹筒の中に ①の豚バラ肉ブロックを 入れる。

②(대통구이)
대통 속에 ①의 통삼겹살을 넣는다.

20131227091709c90.jpg 20131227091710c2e.jpg

③(蓮の葉包み焼き)
①の豚バラ肉ブロックを 写真の様に包む。

③(연잎구이)
①의 통삼겹살을 사진처럼 싼다.

201312270918516a0.jpg

④ ②と③を 200℃に熱したオーブンで 約40分焼く。
焼き上がった後、オーブンから出して 10~15分ほどおく。

④ ②와③을 200도로 예열한 오븐에 약 40분 굽는다.
구워진 후 오븐에서 꺼내 10~15분 정도 그대로 놓아 둔다.

201312270921308e3.jpg 2013122709213284b.jpg

20131227092134c69.jpg

2013122709213318c.jpg


⑤竹筒焼きは、竹筒を 半分に割り、肉を出して切る。
蓮の葉包み焼きは、そのまま切って盛り付けて 完成~!\(^o^)/

⑤ 대통구이는 대통을 반으로 쪼개서 고기를 내어 지른다.
연잎구이는 그냥 잘라서 완성~!\(^o^)/

とても素朴なお料理ですが、ソン ミョンソプ名人生マッコリともピッタリ!
キャンプ料理*としても 活躍すること間違いなし‼︎
お子様たちとご一緒に作ってみてはいかがでしょうか?^ ^

* キャンプで作る場合は、ダッチオーブンを使ったり、網の上で焼いたり
色々と試してみると楽しいですよ!

매우 소박한 요리지만 송명섭 명인의 막걸리와 딱 맞다!
캠프 요리*에도 활약하는 것 틀림없음!
아이들과 함께 만들어 보시면 어때요?^ ^

* 캠프에서 만드시는 경우는 더치 오븐을 사용하거나 그물 위에서 굽거나
여러방법으로 시험해 보시면 즐거울 거에요!

今回は、撮影中心で じっくり色々とお伺いすることが出来ず、
残念でしたが とても有意義な時間を過ごすことができました。
お忙しい中、丁寧に教えて下さったソン ミョンソプ先生には、
感謝の気持ちでいっぱいです!
そして、蔵元のスタッフの皆さmをはじめ、蔵元訪問に際し、
ご尽力いただいた皆様に この場を借りて 御礼申し上げます。

이번에는 본례의 양조장 방문이라는 것 보다 촬영 중심였으므로 차분히 여러가지
여쭤볼 수 없어서 유감스러웠습니다만 송명섭 선생님 덕분에 아주 뜻깊은 시간을 보낼 수 있었습니다.
비쁘신 가운데 정중하게 가르쳐 주셔서 감사의 마음으로 가득합니다.
그리고 주조장의 스태프분들을 비롯하여 주조장 방문했을 때 도와주신 여러분께 이 자리를 빌려 감사드립니다.



🎀TV출연 데뷔작! Part3. TVデビュー作!Part3.

<양조장 방문기 시리즈 제1탄Part3.>
송명섭 명인 생막걸리 태인주조장


<マッコリ蔵元訪問記シリーズ 第1弾 Part3.>
ソン ミョンソプ名人 マッコリ泰仁酒造場


2013122708594385d.jpg

昼食から戻ると、お米もいい具合に蒸し上がり、私も少しお手伝い!
(邪魔になる気もするが....(^^;;)

점심부터 돌아오면 쌀도 막 쪄 내고 있었으므로 나도 조금 도와드림!
(반대로 방해가 될지도....(^^;;)

20131227085945e7e.jpg 20131227085949ceb.jpg

帽子をかぶって、いざ、オープン~! っと、勢い良くお手伝いのつもりが
帽子が大きすぎて前が全然見えないアクシデント...Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
結局どうにもならないので、隙間からなんとか覗いて作業続行。
大きな圧力釜の蓋を開けたら中には 蒸し上がったお米がツヤツヤと輝いていました~!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

모자를 쓰고 드디어 오픈~~!!이라고 기세 등등하게 도와 줄 예정이었지만
모자가 너무 커서 앞이 전혀 안 보이는 엑시던드...Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
결국 어쩔 수 없이 틈으로 가까스로 엿보고 작업 진행.
큰 압력 밥솥 뚜껑을 열면 안에는 쪄 낸 쌀이 반질반질하고 빛나고 있었습니다.
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

201312270908534cb.jpg

あらかじめ写真の麹を砕き、4~5日天日干しして殺菌したものを用意しておくそうです。

미리 사진의 누룩을 부숴 4~5일 정도 햇볕에 말리고 살균한 것을 준비한다.

20131227090856f43.jpg

蒸したお米、麹、水を入れ 発酵開始~!
時々、このようにかき混ぜる。
日が経つにつれて 発酵が進み プクプクと音を立てて
完成の日を待つことに。
耳を澄ませば、元気に活動するマッコリたちの楽しい歌声が~~~(^O^)🎶

찐 쌀, 누룩, 물을 넣어 발효 개시~!
가끔 이렇게 뒤섞다.
몇질 지남에 따라 발효 되어 귀를 기울이면 건강하게 활동한 막걸리들의 노랫 소리가~~~(^O^)🎶

20131227091156ae2.jpg 20131227091157cf6.jpg 2013122709115968e.jpg

出荷用は、衛生管理の元で作られる為、特別に小さな甕でテレビ放送用に
この一連の作業を再現して下さいました。
化学的な物は 一切添加せず、伝統的製法で作られるマッコリに
愛が芽生えてきた感じ....(*^^*)❤️

출하용은 위생 관리 하에서 만들어지기 때문에 특별히 작은 항아리에서 TV방송용으로
이 일련의 작업을 재현해 주셨습니다.
화학적인 것은 일절 첨가하지 않고 전통적 제조 법으로 만들어지는 막걸리에
사랑이 싹터 온 느낌....(*^^*)❤️

20131227091201ad5.jpg 20131227091321deb.jpg 201312270913238c9.jpg

20131227091324f02.jpg 20131227091326392.jpg

愛が芽生えたところで、さっそく その愛をしっかり確認したい~~~!!!^ ^
しかし、ボトル詰め作業には、少し早いとのことで、
これまた特別に、私たちが飲む分だけ 昔ながらの方法で濾して下さいました。
この作業の全てを 名人 御手づからして下さったのです。(感動~!)
出来上がったマッコリは、正真正銘の"生マッコリ"‼︎
水で希釈する前なので、アルコール度数は、約12度~13度。
ここで...ひとくち!ゴクリ!(((o(*゚▽゚*)o)))
作りたての"生生マッコリ"は、お米本来の甘みが 優しく口に広がり、
その後、清涼感に包まれる 素晴らしいマッコリでした。

사랑이 싹트니까 즉각 그 사랑을 확실히 확인하고 싶다~~~^ ^
그러나 병에 채우는 작업에는 조금 일러서 특별히 우리가 마실 만큼 옛방식으로 걸러 주었습니다.
이 작업의 모든 것을 명인께서 손수 해 주셨어요.(감동~!)
완성된 막걸리는 진정한 "생 막걸리"!!!
물로 희석하기 전이어서 알코올 도수는 약12도~13도.
여기서 한입! 꼴깍!!(((o(*゚▽゚*)o)))
만들자마자의 "생생 막걸리"는 쌀 본래의 단맛이 부드럽게 입에 펼쳐진
그 후 청량감에 휩싸일 굉장한 막걸리이었습니다..

次回は、Part 4は、ソン ミョンソプ名人蔵元訪問記 最終回!
最終回は、当日 名人が、特別に作って下さったお料理などを
レシピも添えてご紹介したいと思いますので
お楽しみに~!\(^o^)/

다음 Part 4는 송명섭 명인 주조장 방문기 최종회!
최종회는 당일 명인께서 특별히 만들어 주신 요리 등을
레시피도 곁들여 소개하고 싶다고 생각합니다.
기대하시고 기다려주세요~! \(^o^)/














🎀TV출연 데뷔작! Part2. TVデビュー作!Part2.

<양조장 방문기 시리즈 제1탄Part2.>
송명섭 명인 생막걸리 태인주조장


<マッコリ蔵元訪問記シリーズ 第1弾 Part2.>
ソン ミョンソプ名人 マッコリ泰仁酒造場


201312270858277cd.jpg

朝食も終わり、とうとう泰仁酒造場へ!
酒造場前庭にズラリと並ぶ甕が印象的。
何の看板もないので、誰かに聞かなければ
ここが酒造場だとは気が付かないだろう。

아침 식사도 끝나고 드디어 태인주조장으로!
주조장의 앞뜰에 쭉 늘어선 장독이 인상적!
아무런 간판도 없으니 누군가에게 물어 보지 않으면
여기가 주조장이라고는 알아차리지 못할 것이다.

20131227085828e01.jpg

今回の私のベストショット!お気に入りの一枚。
韓国伝統文化の息遣いが聞こえるような写真だと思いませんか?
熟し柿と麹が、寒さに震える私たちを暖かく迎えてくれました。

이번 저의 베스트 샷!마음에 드는 한장.
한국 전통 문화의 숨결이 들려 오는 사진이 아닌가요?
홍시와 누룩이 추위에 떨린 우리를 따뜻하게 맞아 주었습니다.

到着後、SBSスタッフが、名人との打ち合わせの時間となり 私は、しばしの休憩....

도착 후 SBS스태프들이 명인과의 미팅 시간을 갖고 잠시 휴식...

2013122708583066b.jpg

そして...なん前触れもなく、突然の仕込み開始‼︎ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
まずは、お米の洗浄から。
昔は、このように手で洗っていたそうだが、
最近では、大きなハンドミキサーのようなもので洗うそうだ。

그리고.....아무런 예고도 없이 갑자기 작업 개시!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
우선은 쌀 씻기부터.
옛날에는 이렇게 손으로 씻고 있었다고 하지만
최근에는 대형 핸드 믹서기 같은 것으로 씻게 되었다고 합니다.

20131227090854e97.jpg

水が透明になるまでお米を洗ったら、そのまま約一時間以上つけておく。

물이 투명하게 될 때까지 쌀을 씻으면 그대로 약 1시간 이상 물에 담가 둔다.

20131227085831b98.jpg

水につけておいたお米を大きな釜に入れ蒸し始める。

물에 담가 둔 쌀을 큰 솥에 넣고 찐다.

20140102185714288.jpg

その様子を見つめるソンミョンソプ名人の目は、正しく「匠」そのものの目であった。

그 모습을 응시하는 눈은 바로"명인의 눈"이었다.

20131227085833454.jpg 20131227085944334.jpg


蒸し始めてから、終わるまで 少し時間があるので
私たちは、ソンミョンソプ名人と共に昼食へ!
この地方で有名な「ペクバン」を食べに行きました。
「ペクバン」とは、韓国語で「百のおかず」という意味で
その名の通り、沢山のおかずが並び、目にも鮮やかでした。
本日は、チョングッチャン(納豆のお味噌汁)と、キムチチゲがメインで出てきました。
この写真の状態で、机ごと運ばれて来たのでビックリ!(◎_◎;)
お味は、少し濃いめですが名人のマッコリがピッタリ合いそうなおかずでした。
残念......本当に残念ながら、仕事中という事もあり、飲むことはできませんでしたが.......(T ^ T)
でも、どのお料理も美味しくて感激のオンパレードでした\(^o^)/

では、次号へ続く.....

찌기 시작한지 끝날 때까지 시간이 있어서 저희는 명인과 함께 점심 식사에!
이 지방에서 유명한 "백반"을 먹으러 갔습니다.
그 이름대로 많은 반찬이 늘어서 눈에도 아름다웠습니다.
오늘은 청국장과 김치 찌개가 메인으로 나왔습니다.
맛은 서울보다 좀 진한 맛ㅇ이라서 송명섭 명인의 막걸리와 딱 어울릴 듯한 반찬이었다.
유감....정말 유감스럽게도 일하는중이였기 때문에 마실 수 없었는데...(T ^ T)
그러나 어느 요리도 맛있고 감동의 대행진이었습니다\(^o^)/

대음반에 계속.....
プロフィール

村岡ゆかり/무라오카 유카리

Author:村岡ゆかり/무라오카 유카리
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
🍶韓国政府認定 伝統酒ソムリエ/ 농진청 인증 전통주 소믈리에
🍶伝統食酒文化研究家/전통식주문화연구가
🍴食学研究家/요리연구가
🍶伝統食酒文化コラムニスト / 전통식주문화 칼럼니스트
🍶マッコリソムリエ / 막걸리소믈리에
🍴調理師 / 요리사 (국가자격)
🍴専門調理師(フランス・イタリア料理部門) / 전문 요리사(프랑스・이탈리아요리부문) (국가자격)
🍴食育インストラクター / 식육 인스트럭터 (인정 자격)
🍶日本人マッコリソムリエ会 会長 / 일본인 막걸리소믈리에회 회장

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

2010年 伝統食酒文化研究のため渡韓。
전통식주문화연구하기 위해 도한.
2012年 西江大学 韓国語教育院卒業。
서강대학교 한국어교육원 졸업.
2013年 韓国にて、株式会社設立。
한국에서 외국인 법인 주식화사 설립.
2014年 第5回 韓国伝統酒ソムリエ競技大会 入賞
同年 韓国政府認定 伝統酒ソムリエ 資格取得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。