スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

농림부 주최"찾아가는 양조장"제1회 第一回「訪ね行く蔵元」山葡萄ワイナリー/取材リポート

<第一回「訪ね行く蔵元」山葡萄ワイナリー>京畿道 坡州市

去る、2014年9月24日 水曜日
韓国 農水省主催のパームツアー、第一回「訪ね行く蔵元」にて、
京畿道 坡州市にある"山葡萄農園"と言うワイナリーに行って来ました。

かなりの盛り沢山な内容で、山ぶどう狩りから始まり、ワインボトル詰め体験、ワイナリーツアー、山葡萄ジャム・山葡萄ワイン作り体験、そして最後にお待ちかねの試飲会へと続くのでありました。
(試飲会の写真は、試飲に夢中で撮影不能でした!悪しからず!)

201410141338468c5.jpg 20141014133847b5e.jpg

午前8:00 坡州へ向けて出発~! (ピンクの観光バスがとても可愛い!)o(^▽^)o

201410141336005e2.jpg 2014101413355751b.jpg 20141014133601306.jpg

山葡萄農園に到着。
そこには....<「訪ね行く蔵元」"坡州 山葡萄農園" 第2期SNS記者団 歓迎>と書いてある大弾幕のお迎えが....!
この日は、このツアーの初回と言うことで、テレビ局の取材も入りました。

20141014133404a06.jpg 201410141334081c0.jpg 20141014133719ef6.jpg

さっそく、社長直々の説明を伺い、山ぶどう狩りに!
山葡萄は、ぶどうの2.5倍のポリフェノールを含有し、アントシアニンは、なんと5倍もあるとのことで、がんばってたくさん取りました。

2014101413325152c.jpg

201410141332513df.jpg

201410141332537da.jpg

20141014133255764.jpg

20141014133255129.jpg

完成山葡萄ワイン

ジャム体験の準備が整うまで、私たち一行は、ワインのボトル詰め体験に。
ラベル用の写真撮影をして、オリジナルワインボトルの完成~!

20141014132954eb1.jpg

201410141329597d9.jpg

201410141330004a3.jpg

2014101413295903f.jpg

続いては、ワイン貯蔵庫へ。
年間、14~15度を維持しているので、冷んやり~!
個人契約用貯蔵庫には、韓国の伝統的な錠前がかかっていました。

20141014133001666.jpg

20141014132705eea.jpg

20141014132706d94.jpg

20141014132709089.jpg

準備ができたと言うことで、ジャム作り体験へ。
山葡萄を潰したものを火にかけ、砂糖・蜂蜜のみを加え煮込んでいきます。
とろりとしてきたところで日を止め、熱いうちに瓶詰め。
できたてのジャムは、ほどよい甘酸っぱさがあり、濃厚な味わい。
もちろんパンにつけても美味しいのですが、食の研究家としては、このジャムに、ブランディーなどを入れ、バターで仕上げたソースを鴨のソティーや、チキンのグリルなどに合わせたら最高のフレンチになると思った私でした。

2014101413271189e.jpg

201410141327111b8.jpg

20141014132536d35.jpg

201410141325385fe.jpg

201410141325420b3.jpg

20141014132546925.jpg

ワインを作る前に、ランチタイム。
可愛い子猫のお出迎えもあり、楽しい食事へ!
メニューは、ビビンパブ。
その他にも、山葡萄そうめんや、山葡萄ジャムサンドもありました。

20141014132542fa8.jpg

2014101413242759a.jpg

20141014132429247.jpg

20141014132430e68.jpg

20141014132432e89.jpg

201410141324314dd.jpg

20141014132211658.jpg

食事の後は、お待ちかねの山葡萄ワイン作り。
無農薬で育てた山葡萄は、洗わず使用。
房からぶどうを外し、イーストを加えてモミモミ、砂糖を加えてまたモミモミ。
しっかり果汁が出たところで、容器に移し替えて出来上がり!

20141014132215cb8.jpg 20141014132212a0c.jpg

完成したものは、2~3日目ごろからガスが発生するので、1日に2~3回混ぜて約1ヶ月ぐらいから飲めるとのことでした。
できたてを味見したら、山葡萄の柔らかい酸味が、口の中に広がり濃厚なぶどうジュースという感じでした。

このブログは、作ってから約一ヶ月後に書いているので、そろそろ飲める頃ですが、私は、もう少し経ってから飲もうと思っています。
しかし、気になる私は、時々、味見をしておりまして.....(^^;;
なんだか結構、本格的なワインの味がしているのですよ~~~~!
実は、ワイン作りは、カナダに住んでいた頃に一度やったことがあるのですが、その時よりも良く出来ているかもしれません!

20141014132208f0d.jpg

20141014131954144.jpg 20141014131950e36.jpg 20141014131953b8e.jpg

最後に、このワイナリーで作られているワイン・山葡萄ブランディー・山葡萄ジュースを試飲させて頂きました。
ワインは、2種類。ドライとスウィートです。

スウィートの方は、子供の頃、ワインを見て美味しそうだと思いませんでしたか?
そして飲んだワインが、甘くなくてびっくり!そんな経験のある方も多いのでは?
このスウィートワインは、幼い頃に美味しそうだと想像した、その味です!
お酒好きの私は、食前酒にするといいな~と思いました。
お酒があまり強くない方には、このワインがオススメです。

ドライワインの方は、甘みが少なく、程よい酸味で、
料理の味を邪魔しないスッキリタイプ!
通常、白ワインと合わせる魚料理でもOK!
むしろ、あっさりとしたお刺身や、天ぷらなどにも合うかもしれませんね。

次回は、京畿道 抱川市 山査園で、菊酒作りに挑戦です。
乞うご期待!

<各種体験料金> (要予約)
・山葡萄狩り体験 8,000ウォン(カップ一杯/お一人)
・山葡萄ワイン作り体験 20,000ウォン
・山葡萄ジャム作り体験 5,000ウォン
・ワイナリー見学ツアー 8,000ウォン

<お問い合わせ(韓国語のみ)>

山葡萄農園
京畿道坡州市積城面客峴里1里67ー1番地
031-958-4558

산머루농원
경기도 파주시 적성면 객현1리67-1본지
031-958-4558


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

村岡ゆかり/무라오카 유카리

Author:村岡ゆかり/무라오카 유카리
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
🍶韓国政府認定 伝統酒ソムリエ/ 농진청 인증 전통주 소믈리에
🍶伝統食酒文化研究家/전통식주문화연구가
🍴食学研究家/요리연구가
🍶伝統食酒文化コラムニスト / 전통식주문화 칼럼니스트
🍶マッコリソムリエ / 막걸리소믈리에
🍴調理師 / 요리사 (국가자격)
🍴専門調理師(フランス・イタリア料理部門) / 전문 요리사(프랑스・이탈리아요리부문) (국가자격)
🍴食育インストラクター / 식육 인스트럭터 (인정 자격)
🍶日本人マッコリソムリエ会 会長 / 일본인 막걸리소믈리에회 회장

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

2010年 伝統食酒文化研究のため渡韓。
전통식주문화연구하기 위해 도한.
2012年 西江大学 韓国語教育院卒業。
서강대학교 한국어교육원 졸업.
2013年 韓国にて、株式会社設立。
한국에서 외국인 법인 주식화사 설립.
2014年 第5回 韓国伝統酒ソムリエ競技大会 入賞
同年 韓国政府認定 伝統酒ソムリエ 資格取得

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。